他社製品との比較

株式会社ラングローブの「菌無」はココが違う!

株式会社ラングローブの「菌無」はココが違う!

他社の業務用除菌剤や除菌消臭スプレーと「菌無」を比較した場合どのような違いがあるのでしょうか。こちらでは厚労省が推奨する200PPM以上の除菌力規定を満たし、インフルエンザウイルスやノロウイルスにも有効高性能除菌スプレー「菌無」と、他社製品との比較を通じて性能面や安全面、使い勝手、価格優位性などの違いをピックアップします。

他社製品「A」「B」と「菌無」の比較

製品 製品A
(アルコール除菌スプレー)
製品B
(次亜塩素酸水除菌スプレー)
「菌無」
除菌力
安全性(成分)
価格
汎用性
除菌以外の効果

凡例) 優れている 良好 ふつう

「菌無」は高い除菌力と低価格にこだわります!

除菌・消臭力

除菌・消臭力

厚生労働省は食中毒防止の観点から、ノロウイルスの除菌に必要な有効塩素濃度濃度は200PPM以上が望ましいと位置付けています。当社の高性能除菌消臭スプレー「菌無」は標準タイプでこの推奨値200PPMを達成

この優れたパワーで、ノロウイルスだけでなくインフルエンザウイルス、病原性大腸菌O157、黄色ブドウ球菌などあらゆる病原体を効果的に除菌し、しかも主成分の次亜塩素酸水が空間に漂う臭気や人体から発する汗の臭い、ペット臭まで除去します。

低価格

低価格

業務用として主に企業や商店、施設など人が多く集まる場所で使用することを想定している「菌無」だけに、コスト面でも従来の除菌消臭スプレーより有利です。優れた除菌消臭力と低価格を兼ね備えています。

「菌無」についてのお問い合わせはこちら
  • 053-466-0070
  • お問い合わせ